【224】 PRIDE-32 レビュー!
e0029907_2583098.jpgいやぁ、すごい盛り上がりました!試合数が8試合、そのうちKO・一本決着が7試合で、3時間半の興行だったのも良かったです。

特に、メインの2試合は緊張感あってよかった!コールマン、ランデルマンの気迫に、「なにかやってくれるんじゃないか?」という期待と、泰然自若にそれを受けて立つPRIDE王者のヒョードルとショーグン。王者らしい素晴らしい闘いでした。

あと印象的だったのは、アメリカ勢のテイクダウン攻勢。皆、口裏を合わせたかのように、開始早々からテイクダウンの嵐、嵐!!ダンヘン、バローニ、ランデルマン、コールマン・・・レスリングをベースにした彼らのタックルは、見ててスガスガシイものがありました。

自分は、選手のバックボーンとなる技術を中心に試合組み立てるのが好きなんで、例えばレスラーなら片足タックルか胴タックルからの豪快なテイクダウン、打撃系ならタックルを切りながらワンツー~ボディ~フック~ストレート・・・みたいな華麗なコンビネーション、柔術家なら下からの関節地獄もしくはスウィープしてのポジショニングの嵐・・・。こんな選手の特徴を活かした攻防を一度でも見れれば、満足できる方です。

今回は、そんな彼らの攻防が見れたのでとても満足です!では、その視点から興奮のベガス大会をレポートします!






=======================
"PRIDE.32 - THE REAL DEAL -"
2006年10月21日(土) 米国ネバダ州ラスベガス
=======================


第8試合
○エメリヤーエンコ・ヒョードル(ロシア/PRIDEヘビー級王者/101.7kg)
×マーク・コールマン(アメリカ/101.7kg)
2R 1'15" 腕ひしぎ十字固め


e0029907_1443984.jpg まず、煽りVが秀逸!7試合までの映像は、米国で作成したようなドキュメンタリータッチの選手紹介に終始してたけど、メインは日本で作ったのかな?お約束のBGMはクラシック調、ライ麦畑をバックに古きよきアメリカのコールマンと、冷徹なるロシアの皇帝ヒョードルという対立構図。特に、コールマンの娘たちを思う強い気持ちには心打たれるものがありました。ホント熱い男だ!米国ファンの心には届いたかな?

 さて、試合の方は、コールマンのテイクダウンをヒョードルが防御しつつ、劣勢からコツコツとヒョードルがパンチをぶちこむという序盤。ヒョードルの腰が強くて、完全なテイクダウンは奪えない。スタンドは完全に避け、ひたすらテイクダウンにいそしむコールマン。だが、組み付かれロープを背負った不利な体制からでも、パンチの手を休めないヒョードルの攻撃に、コールマンの顔面がボコボコに。一度ドクターチェックが入り、解説陣もストップしたほうがいいと言ってたものの、あれよと再開!(笑)1Rをなんとか持ちこたえるコールマン。

 2Rは、コールマンの豪快なタックルが炸裂し、ようやくヒョードルをテイクダウン!と思ったのもつかの間、2年半前のリプレイを見るかのような、ヒョードルの鮮やかな下からの腕十字がバシっと極まり、またもやコールマンタップアウト!前回との違いは、左腕でなく右腕を取られたところかな?またもや、ヒョードルの強さが光り輝いた試合になりました。

 試合後は、コールマンが感情あふれんばかりに咆哮し、娘2人をリング上で抱きしめる感動のフィナーレもあり。米国のリング上で、こういうシーンは珍しいかな。コールマンの直向さと、ヒョードルの強さが拮抗した、素晴らしいファイトでした!コールマンvsノゲイラの再戦も、また観たくなってきたな~。


第7試合
○マウリシオ・ショーグン(ブラジル/PRIDE GP 2005覇者/93.5kg)
×ケビン・ランデルマン(アメリカ/92.2kg)
1R 2'35" 膝十字固め


e0029907_1564441.jpg 気合漲るランデルマンと落ち着いた表情のショーグン。序盤は打ち合うかと思いきや、ランデルマンが綺麗にテイクダウン!・・・がパウンドをぶち込む間もなく、ショーグンが下からスウィープ気味に足を絡めて、ヒール~アンクルと足関地獄へ引き込む。逃れられないランデルマンが苦悶の表情を浮かべるが、根性でタップせず。エグイ角度で極まってるのに・・・。そのまま、上に体勢を入れ替えたショーグンが、脇に抱える形で膝十字へ移行。これがモロに極まり、ランデルマンがたまらずタップ!

 序盤、打撃で打ち合わなかったのは、ショーグンにとっては良かったのかな。ランデルマンは、関節から逃れる練習をもう少しやってほしいような・・・。まっ、筋肉3兄弟はそこが良さでもあるのかな。次は、ショーグンが打ち合う姿をみたいな~。


第6試合
○ジョシュ・バーネット(アメリカ/110.3kg)
×パウエル・ナツラ(ポーランド/106.7kg)
2R 3'04" アンクルホールド


e0029907_2821.jpg ナツラがまた善戦!柔道家らしい腰の強さで、ジョシュのテイクダウンを防ぎ、打撃とテイクダウンで優勢に試合を進めてました。ジョシュはテイクダウン一辺倒だったのが災いして、ブーイングを浴びるシーンも。

 試合が動いたのは2R。ナツラがジョシュをテイクダウンし、サイドポジション。だが、ジョシュがポジションを入れ替え、逆に足関節へ。極めの強いジョシュのアンクルに、ナツラが高速タップ!試合はジョシュが制したけど、序盤はナツラの総合力が光る試合になりました。MMAデビュー以来、ノゲイラ、アレキ、ジョシュと猛者に3敗を喫したけど、柔道ベースの確かな技術力が着実にMMAへ浸透してる気がします。次からも、ナツラ応援しよっと。


第4試合
○ダン・ヘンダーソン(アメリカ/PRIDEウェルター級王者/89.0kg)
×ビクトー・ベウフォート(ブラジル/93.0kg)
判定3-0


e0029907_259037.jpg ダンヘンの豪快なテイクダウンからスタート。倒してのパウンド中心で、着実に勝ちに徹したダンヘンと、打撃を繰り出せずスタミナを消耗するビクトー。1Rに、ビクトーが下からのもぐりでダンヘンをスウィープし、膝十字にいく柔術家らしい動きを見せたのが唯一の見せ所。ノゲイラ兄弟との練習成果が出た模様。だが、2R以降は動きがピタッと止まり、弱気な打撃と引き込みが中心の展開・・・。いつも露呈してるスタミナ不足で失速するビクトーに対し、ダンヘンが最後まで手足を緩めず、判定でダンヘンが完勝!

 悲しいけど、ビクトーが第一線で闘うのは厳しくなってきたかな。。精神面だけでなく、フィジカル面が弱くなってて、タックルが切れないのと、ボクシングで鍛えた打撃が相手の顔面を捕らえきれておらず、単発になってる面も気になるところ。柔術出身とはいえ、下取られると厳しいだけに、タックル切りながら的確にパンチを入れるミルコ戦法をもっと磨いてほしいな。


第3試合
×西島洋介(日本/高田道場/88.5kg)
○フィル・バローニ(アメリカ/88.1kg)
1R 3'20" アームロック


 洋介山が為す術なく完敗・・・。バローニが打ち合わず豪快にテイクダウンし、パスガード。洋介山の左腕を取り、キムラへ。完全に極まっているが、タップしない洋介山。さすがにこれ以上の展開が見込めないので、レフェリーがストップ。試合はバローニの完勝だったものの、米国ファンからはブーイングが・・・。やはり、打ち合ってほしかったな。。洋介山は、寝技の練習よりもタックル切る技術を学んだほうがいいなぁ。ボクシングの打ち方だと、MMAでは適応ムズカシイのかな・・・。キックより前のめりな体勢だけに、ミルコのように適応できないのか。でも次に期待したいです。



なお、次回の米国大会が早くも決定しました!2007年2月24日(土)に、今回と同じくトーマス&マックセンターでPRIDE-33が開催です。次は、ミルコ、シウバのそろい踏みかな?

シウバはリデルとの防衛戦を熱望
Fedor is “Real Deal”
ミルコ26日手術も男祭り出場へ
タイソン、大みそか「男祭り」に参戦!?
[PR]
by gr2si | 2006-10-23 01:15 | PRIDE
<< 【225】 PRIDEファイトマネー 【223】 10・21 PRI... >>



しんたです。MMAとボクシングを中心に、日本・海外の最新情報をお届けします。試合予想、レポートもやります。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
-INFORMATION-
CALENDAR
-BOX - JUNE&JULY 2011
-MMA - MAY 2011





更新情報
goodgirl~しんたの部屋~
goodgirl's Diary






BOX’07展望
-BOX:ヘビー級
-BOX:S・ミドル級
-BOX:ウェルター級
-BOX:S・フェザー級
-BOX:フライ級



好きな選手
MMAビクトー・ベウフォートBOXミッケル・ケスラーが断トツに好き♪

他には、MMAだとジョシュ、フランク・ミア、LYOTO、リー・マーレイ、マイク・スウィック、三島☆ド根性ノ助。BOXだとエドウィン・バレロ、チャド・ドーソン、ホアン・グスマン、ビック・ダルチニャン、クリスチャン・ミハレス。

最も注目してるのは、MMA:ソクジュ、ジョン・フィッチ、BOX:アレクサンドル・ポベトキンあたり。





MMAコネクション
MMA The Orange
24時間格闘技三昧
mints life
Tonicのガチンコ放談
シンデモヤマトダマシイ
ヴィンセント
格闘技好きのブログ!
GRAPPLERS HIGH
ハリビーの暴風日記
ヒロシです(涙)。
徒然なる駄日記
見えない道場本舗
くまページBlog
正のロッテとかMMAとか
はなの格闘技ブログ


BOXコネクション
さうぽんの拳闘見物日記




以前の記事
カテゴリ
検索
最新のトラックバック
小堀佑介
from Anything Story
カート・アングルに勝つ?
from Anything Story
【PRIDE】ハイアン死亡!
from MMA The Orange
【PRIDE】MMA大連..
from MMA The Orange
青木vsカルバン決定!や..
from シンデモヤマトダマシイblog
HERO'S ミドル級ト..
from mints life
HERO'S9.17 地..
from 格闘技好きのブログ!
ボクシングの話題。デラホ..
from 格闘技好きのブログ!
[格闘技][K-1][ブ..
from 見えない道場本舗
【Bodog】ヒョードル..
from MMA The Orange
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧