<   2006年 10月 ( 25 )   > この月の画像一覧
【230】 イベント情報(11月)
気になるイベント情報を、月別にまとめて紹介していこうと思います。今回は、11月のイベントをまとめてみます。



11・3(金)  S-CUP2006
11・5(日)  PRIDE武士道13
11・9(木)  Show Fight5@ブラジル
11・11(土) TUF4ファイナル
11・11(土) X-PLOSION@マカオ
11・12(日) Pride & Honor@オランダ
11・17(金) X-Mission@CA
11・18(土) UFC-65
11・25(土) CAGE FORCE 01

あと、もう知ってると思いますが、武士道12が無料放送されてるみたいです。
10/27(金)~11/5(日)期間限定みたい。
[PR]
by gr2si | 2006-10-29 23:53 | いろいろ
【229】 海外情報(2)
後編です。


■ジャカレイvsクートゥア!!!
e0029907_323256.jpg MMA Weeklyより。これはビックリ!な、なんとUFC引退したクートゥアが、11・17「X-Mission」というグラップリング・マッチに出場し、ADCC王者のジャカレイと対戦する模様です。気になるウェイトだけど、ジャカレイはADCCで88kg級、クートゥアは今104.5Kgあり、試合までには102kgまで落とすとか。それでも、15kg近い体重差があるのが気になります。
 カルフォルニアで開催される同大会には、ジェイク・シールズ、ジェフ・グローバー、ビル・クーパーらが出場する模様。ひとまず、ジャカレイがクートゥアを翻弄し、アメリカでも有名になって、UFC出場とか実現すると嬉しいかな。大注目です!

p.s.GRAPPLERS HIGHで詳しく紹介されてます!マルセリーニョ、ヤヒーラも参戦とは!



■BJペン、怪我を語る
 UFC HPより。UFCヒューズ戦で負った怪我の現状と、試合での怪我までの経緯をインタビューで語ってます。今は、UFCベルトを奪取したい気持ちはあるが、怪我で動けない状態。早くても2007年に始動するとか。



■ビクトーとナツラ、薬物検査で陽性
 sherdogより。PRIDE-32後の薬物検査で、意外にもビクトーとナツラが引っ掛かった模様です。ビクトーは、02~05年の間にUFCで5度試合してるし、ナツラは柔道オリンピック金メダリスト。2人とも、これまで薬物検査をパスしてきてるはずなだけに、今回の陽性反応には驚きです。
 今回のPRIDE-32では、メイン3カード(ヒョードル、コールマン、ショーグン、ランデルマン、ジョシュ、ナツラ)と、アンダーカード(ダンヘン、ビクトー、バローニ、洋介山)の計10名が検査した模様で、この人数も異例。PRIDEは日本でチェックされてないだけに、MMA市場に与える影響も大きくなりそうです。



■三島☆ど根性ノ助、UFC参戦!
 UFC HPより。既報の通り、三島vsスティーブンソンが正式決定した模様です。三島は1年振りの復帰戦、対するスティーブンソンはTUF出身で、ウェルターから階級を落とし、7月にイーブスを血祭りにあげたばかりなだけに、3段論法にならないことを祈ります(三島はイーブスの腕十字に敗れている)。
[PR]
by gr2si | 2006-10-29 03:01 | 海外
【228】 海外情報(1)
海外ネタを、2回に分けて紹介します!
(だいぶたまってるので・・・)


e0029907_322575.jpg■マルガリータ、MMAデビュー
 tatameより。11・9@ブラジルで開催される「Show Fight5」でMMAデビューします。かつて柔術界で絶対王者に君臨しながら、バイク事故で大怪我を負い、長い間ブランク空けてたマルガリータは、今アローナと猛練習とか。いきなり、マカコと対戦するようです。このイベントには、ペレ、アスエリオ・シウバ、ジュカオンらも出場します。
BJJ world champion weight and absolute in 2001, Fenando Margarida have been training hard with Ricardo Arona for his debut in MMA against the experienced Jorge Patino Macaco (Chute Boxe) at Showfight 5. "We are training punches, ground. The training is really tough



■ヴェウドゥム、エイネモと練習
 tatameより。11・12@オランダで開催される「Pride & Honor」に出場する両選手が、スペインに住むヴェウドゥムのジムで一緒に練習してるようです。ヴェウドゥムvsアレキ、エイネモvsトンプソン・・・両者とも大型選手相手に、打撃対策とグラップリング強化できてるか楽しみです。
Fabrício Werdum is training is Spain, where he lives, at the academy Ginnasion Barcelor with the ADCC 2003 champion Jhon Olav Einemo. Werdum is training hard with the great fighter's support to face Alexander Emelianenko at the Pride & Honor on November 12th. Einemo will also fight at the same event, against the English fighter James Thompson.



■ペケーニョ、手術後良好
 tatameより。10・23に膝の手術をおこない、術後は良好だとか。ゼ・マリオ、ミノタウロの手術を執刀したドクターらしく、来年のHero's参戦に向けてリハビリ中とのことです。ペケーニョ、前にも膝手術してなかったっけ・・・。
"The doctor who did the operation was really kind with me. He already did take care of Zé Mário Sperry and Rodrigo Minotauro. After one week Zé Mário was already kicking and Minotauro was already fighting after one month", said Pequeno excited, who believes that will fight again at Hero's in 2007.



■マヌーフ、レオジーニョ&ペケーニョ弟と練習
 tatameより。Hero'sでニュートン欠場後、マヌーフの相手にペケーニョ弟がリストアップされたようです(最終的にクラウスレイが選出された)。それが縁?で、グラウンド技術を習得したいマヌーフが、レオジーニョ、ペケーニョ弟をオランダに呼び、寝技の練習をしてるみたい。将来的に、桜庭vsマヌーフの対戦があるようです。




■アンデウソン、柔術黒帯に!
 tatameより。ノゲイラ兄弟から授与されたようです。今は、ビクトー、ノゲイラ兄弟らと練習を積んでるとか。アンデウソンは元々、CB(シュートボクセ)の選手なんですよね。CBを離脱したとはいえ、BTTメンバと練習するとはいかにもブラジルらしい光景です。あと、PRIDE復帰の線は無く、あるとしてもK-1を選ぶとか。PRIDE戦績が悪いので、愛想を尽かしたようです。UFCは、しばらくアンデウソンが君臨するかなー。
[PR]
by gr2si | 2006-10-29 03:00 | 海外
【227】 誰でしょう?(2)
次は、この人。解りやすいかな?

e0029907_22552164.jpg







※ヒント・・・このうしろ姿といえば、そう!

e0029907_22567100.jpg







・・・正解は







e0029907_22564283.jpg


そう、三島ド根性ノ助でした!
実は、なかなかのイケメン!(笑)

ド根性ノ助で、一番印象的だった試合は、武士道1のハウフ・グレイシー戦でしょう!結果的に、三島が判定負けしたものの、ハイアン以上に凶暴と噂された兄ハウフのグレイシー仕込みのグラウンド技術を引き出し、最後はハウフが腕十字を取りかけるなど、見所十分なナイスファイトだったと思います。

PRIDEを離れ、1年近く試合から遠ざかってるけど、11・18のUFC-65に出場する噂もあり楽しみです。相手は、UFC-61でイーブス・エドワーズを大流血に追い込み勝利したジョー・スティーブンソン。三島の復活に期待しましょう!
[PR]
by gr2si | 2006-10-25 23:15 | いろいろ
【226】 誰でしょう?(1)
さて、すこし趣向を変えて、次の写真は誰でしょう!?

e0029907_22174824.jpg


※ヒント・・・初期UFCで活躍してました。




・・・正解は






e0029907_22191590.jpg



タンク・アボットでした!
まだまだ現役で活躍中です。

ちなみに、タンクで一番印象的な試合は、
UFC-13でのタンクvsビクトーの一戦。
(タンク負けちゃってるけど・・・)

あと、映像探してたら
ビクトーの映像集を見つけたので、よかったらご覧ください。
ブラジルの超新星」だった頃の強いビクトーが観れますよ!
(タンクから話それちゃったけど・・・)

さらに、PRIDE-32バウレビ総評
「最も大きな声援が飛んだのは、アメリカ人のコールマンでもヘンダーソンでもなく、それぞれの対戦相手のヒョードルとベウフォートだった。」
これすごい興味深いです。
ビクトーが人気ある理由ってなんだろね?
ファン層は、04年にビクトーがUFC王者になった頃のファンか
もしくは、超新星の頃のビクトーを知ってるファンなのかな。。
[PR]
by gr2si | 2006-10-24 22:14 | いろいろ
【225】 PRIDEファイトマネー
e0029907_23241558.jpgファイスポ情報ですが、早くもPRIDE-32のファイトマネーが公開されています。最も確かな筋からの情報だとか。


総入場者数:11,727(うち、有料入場者数10,527)

■100万ドル~
Fedor Emelianenko $1,050,000

■10万ドル~
Josh Barnett $145,000
Mauricio Rua $140,000
Dan Henderson $140,000
Kazuhiro Nakamura $117,000
Mark Coleman $105,000
Phil Baroni $100,000

■5万ドル~
Vitor Belfort $83,000
Kevin Randleman $80,000
Eric Esch $70,000

■それ以下
Robbie Lawler $48,000
Pawel Nastula $40,000
Joey Villasenor $32,500
Yosuke Nishijima $25,000
Sean O'Haire $12,000
Travis Galbraith $10,000

な、なんと!ヒョードルが105万ドル(1億2600万円)もらってます。ヒョードルだけ飛びぬけて高く、次に10万~15万ドルが6人もいます。UFCのファイトマネーに慣れてるせいか、とても高額に感じますが、PRIDEのトップファイターは5000万円以上とか、1000万円もザラという噂だったので、まぁ真っ当な数値なのでしょう。

それにしても、ヒョードルの額には驚きです!逆に、それだけ出さないと引き止められない、ということでしょうか?MFCなど、海外の富豪団体が、ヒョードル、ミルコらの一本釣りを画策してる模様なだけに、DSEも冷や冷やしてるんでしょうね。

あと、カズが10万ドル超えとは・・・。吉田道場のおかげかな。ナツラの4万ドルは、ちょっと低すぎるような気がしますね。最初はもっと高額だったんでしょうが、負けが込むと下げられちゃうのかな。。とても興味深いので、次のベガス大会は吉田、ミルコ、シウバのファイトマネーに注目ですね!


長尾迪ギャラリー
PRIDE一夜明け会見
PRIDE次は中国!
ヒョードル圧勝!次はバーネットか
初の米大会成功も…タイソンがドタキャン!
東スポが1面で、「タイソンvs藤田」
[PR]
by gr2si | 2006-10-23 23:16 | PRIDE
【224】 PRIDE-32 レビュー!
e0029907_2583098.jpgいやぁ、すごい盛り上がりました!試合数が8試合、そのうちKO・一本決着が7試合で、3時間半の興行だったのも良かったです。

特に、メインの2試合は緊張感あってよかった!コールマン、ランデルマンの気迫に、「なにかやってくれるんじゃないか?」という期待と、泰然自若にそれを受けて立つPRIDE王者のヒョードルとショーグン。王者らしい素晴らしい闘いでした。

あと印象的だったのは、アメリカ勢のテイクダウン攻勢。皆、口裏を合わせたかのように、開始早々からテイクダウンの嵐、嵐!!ダンヘン、バローニ、ランデルマン、コールマン・・・レスリングをベースにした彼らのタックルは、見ててスガスガシイものがありました。

自分は、選手のバックボーンとなる技術を中心に試合組み立てるのが好きなんで、例えばレスラーなら片足タックルか胴タックルからの豪快なテイクダウン、打撃系ならタックルを切りながらワンツー~ボディ~フック~ストレート・・・みたいな華麗なコンビネーション、柔術家なら下からの関節地獄もしくはスウィープしてのポジショニングの嵐・・・。こんな選手の特徴を活かした攻防を一度でも見れれば、満足できる方です。

今回は、そんな彼らの攻防が見れたのでとても満足です!では、その視点から興奮のベガス大会をレポートします!






=======================
"PRIDE.32 - THE REAL DEAL -"
2006年10月21日(土) 米国ネバダ州ラスベガス
=======================


第8試合
○エメリヤーエンコ・ヒョードル(ロシア/PRIDEヘビー級王者/101.7kg)
×マーク・コールマン(アメリカ/101.7kg)
2R 1'15" 腕ひしぎ十字固め


e0029907_1443984.jpg まず、煽りVが秀逸!7試合までの映像は、米国で作成したようなドキュメンタリータッチの選手紹介に終始してたけど、メインは日本で作ったのかな?お約束のBGMはクラシック調、ライ麦畑をバックに古きよきアメリカのコールマンと、冷徹なるロシアの皇帝ヒョードルという対立構図。特に、コールマンの娘たちを思う強い気持ちには心打たれるものがありました。ホント熱い男だ!米国ファンの心には届いたかな?

 さて、試合の方は、コールマンのテイクダウンをヒョードルが防御しつつ、劣勢からコツコツとヒョードルがパンチをぶちこむという序盤。ヒョードルの腰が強くて、完全なテイクダウンは奪えない。スタンドは完全に避け、ひたすらテイクダウンにいそしむコールマン。だが、組み付かれロープを背負った不利な体制からでも、パンチの手を休めないヒョードルの攻撃に、コールマンの顔面がボコボコに。一度ドクターチェックが入り、解説陣もストップしたほうがいいと言ってたものの、あれよと再開!(笑)1Rをなんとか持ちこたえるコールマン。

 2Rは、コールマンの豪快なタックルが炸裂し、ようやくヒョードルをテイクダウン!と思ったのもつかの間、2年半前のリプレイを見るかのような、ヒョードルの鮮やかな下からの腕十字がバシっと極まり、またもやコールマンタップアウト!前回との違いは、左腕でなく右腕を取られたところかな?またもや、ヒョードルの強さが光り輝いた試合になりました。

 試合後は、コールマンが感情あふれんばかりに咆哮し、娘2人をリング上で抱きしめる感動のフィナーレもあり。米国のリング上で、こういうシーンは珍しいかな。コールマンの直向さと、ヒョードルの強さが拮抗した、素晴らしいファイトでした!コールマンvsノゲイラの再戦も、また観たくなってきたな~。


第7試合
○マウリシオ・ショーグン(ブラジル/PRIDE GP 2005覇者/93.5kg)
×ケビン・ランデルマン(アメリカ/92.2kg)
1R 2'35" 膝十字固め


e0029907_1564441.jpg 気合漲るランデルマンと落ち着いた表情のショーグン。序盤は打ち合うかと思いきや、ランデルマンが綺麗にテイクダウン!・・・がパウンドをぶち込む間もなく、ショーグンが下からスウィープ気味に足を絡めて、ヒール~アンクルと足関地獄へ引き込む。逃れられないランデルマンが苦悶の表情を浮かべるが、根性でタップせず。エグイ角度で極まってるのに・・・。そのまま、上に体勢を入れ替えたショーグンが、脇に抱える形で膝十字へ移行。これがモロに極まり、ランデルマンがたまらずタップ!

 序盤、打撃で打ち合わなかったのは、ショーグンにとっては良かったのかな。ランデルマンは、関節から逃れる練習をもう少しやってほしいような・・・。まっ、筋肉3兄弟はそこが良さでもあるのかな。次は、ショーグンが打ち合う姿をみたいな~。


第6試合
○ジョシュ・バーネット(アメリカ/110.3kg)
×パウエル・ナツラ(ポーランド/106.7kg)
2R 3'04" アンクルホールド


e0029907_2821.jpg ナツラがまた善戦!柔道家らしい腰の強さで、ジョシュのテイクダウンを防ぎ、打撃とテイクダウンで優勢に試合を進めてました。ジョシュはテイクダウン一辺倒だったのが災いして、ブーイングを浴びるシーンも。

 試合が動いたのは2R。ナツラがジョシュをテイクダウンし、サイドポジション。だが、ジョシュがポジションを入れ替え、逆に足関節へ。極めの強いジョシュのアンクルに、ナツラが高速タップ!試合はジョシュが制したけど、序盤はナツラの総合力が光る試合になりました。MMAデビュー以来、ノゲイラ、アレキ、ジョシュと猛者に3敗を喫したけど、柔道ベースの確かな技術力が着実にMMAへ浸透してる気がします。次からも、ナツラ応援しよっと。


第4試合
○ダン・ヘンダーソン(アメリカ/PRIDEウェルター級王者/89.0kg)
×ビクトー・ベウフォート(ブラジル/93.0kg)
判定3-0


e0029907_259037.jpg ダンヘンの豪快なテイクダウンからスタート。倒してのパウンド中心で、着実に勝ちに徹したダンヘンと、打撃を繰り出せずスタミナを消耗するビクトー。1Rに、ビクトーが下からのもぐりでダンヘンをスウィープし、膝十字にいく柔術家らしい動きを見せたのが唯一の見せ所。ノゲイラ兄弟との練習成果が出た模様。だが、2R以降は動きがピタッと止まり、弱気な打撃と引き込みが中心の展開・・・。いつも露呈してるスタミナ不足で失速するビクトーに対し、ダンヘンが最後まで手足を緩めず、判定でダンヘンが完勝!

 悲しいけど、ビクトーが第一線で闘うのは厳しくなってきたかな。。精神面だけでなく、フィジカル面が弱くなってて、タックルが切れないのと、ボクシングで鍛えた打撃が相手の顔面を捕らえきれておらず、単発になってる面も気になるところ。柔術出身とはいえ、下取られると厳しいだけに、タックル切りながら的確にパンチを入れるミルコ戦法をもっと磨いてほしいな。


第3試合
×西島洋介(日本/高田道場/88.5kg)
○フィル・バローニ(アメリカ/88.1kg)
1R 3'20" アームロック


 洋介山が為す術なく完敗・・・。バローニが打ち合わず豪快にテイクダウンし、パスガード。洋介山の左腕を取り、キムラへ。完全に極まっているが、タップしない洋介山。さすがにこれ以上の展開が見込めないので、レフェリーがストップ。試合はバローニの完勝だったものの、米国ファンからはブーイングが・・・。やはり、打ち合ってほしかったな。。洋介山は、寝技の練習よりもタックル切る技術を学んだほうがいいなぁ。ボクシングの打ち方だと、MMAでは適応ムズカシイのかな・・・。キックより前のめりな体勢だけに、ミルコのように適応できないのか。でも次に期待したいです。



なお、次回の米国大会が早くも決定しました!2007年2月24日(土)に、今回と同じくトーマス&マックセンターでPRIDE-33が開催です。次は、ミルコ、シウバのそろい踏みかな?

シウバはリデルとの防衛戦を熱望
Fedor is “Real Deal”
ミルコ26日手術も男祭り出場へ
タイソン、大みそか「男祭り」に参戦!?
[PR]
by gr2si | 2006-10-23 01:15 | PRIDE
【223】 10・21 PRIDE-32予想!
e0029907_1171837.jpgPRIDE初の米国大会、リアルディール(邦題PRIDE-32)。明日は、朝10時から都心のバーでPPV観戦してきますので、帰宅次第速報しますね~。では、主なカードの予想イッテみます!




第8試合 ヘビー級
エメリヤーエンコ・ヒョードル(ロシア/PRIDEヘビー級王者)
マーク・コールマン(アメリカ)


 手術後初の試合で、10ヶ月のブランクがあるヒョードルだけど、今回は磐石でしょう!コールマンは打撃を磨いてきたみたいだけど、ヒョードルをKOできないだろうし、前回みたいにテイクダウン狙いでも、寝技でヒョードルがリバーサルするでしょう。仲がよい?2人だけに、打撃ではなくヒョードルの2Rチョークで一本勝ちを予想。コールマンは1Rから攻め続けて、前回以上のインパクト残さないと厳しいか。


第7試合 ミドル級
マウリシオ・ショーグン(ブラジル/PRIDE GP 2005覇者)
ケビン・ランデルマン(アメリカ)


e0029907_1173229.jpg ショーグンがいい表情してたんで、磐石かな。2人とも大怪我明けだけど、ショーグンは9月に調整試合してるだけ有利か。ランデルマンの豪腕パンチとまともに打ち合うとショーグンも危険だけど、うまく首相撲からの膝をぶち込んで、ランデルマンの勢いを止めたいところ。前回、打ち合いの距離感にまずさを見せたショーグンだけど、今回は躊躇なく打撃を繰り出すと予想。CBらしい首相撲からの膝でランデルマンを破壊し、ランペイジ戦と似たフィニッシュの予感。1R膝でショーグンのKO予想!


第6試合 ヘビー級
ジョシュ・バーネット(アメリカ)
パウエル・ナツラ(ポーランド)


 ナツラはまた厳しい相手だな・・・。好きな選手だけにもったいない。。ナツラは寝技で活路を見出したいけど、寝技になれば、ノゲイラ相手にキャッチレスリングの奥義を見せたジョシュの術中にはまりそう。ナツラがジョシュをテイクダウンできずに打撃をもらい、頭を伏せたところにジョシュの膝とパンチが炸裂。ジョシュのKO勝ちを予想!


第4試合 ミドル級
ダン・ヘンダーソン(アメリカ/PRIDEウェルター級王者)
ビクトー・ベウフォート(ブラジル)


e0029907_1174446.jpg この一戦は大注目!自分の一番好きなファイター同士の対戦ということで、どっちを応援していいのやら・・・。大晦日にシウバとの再戦が噂されるビクトーを今回は応援しよっかな。ダンヘンは最近スタンドの打撃に固執するところがあるんで、ビクトーがボクシングで鍛えたコンビネーションで対抗できるか。序盤は互角。中盤疲れの見えたビクトーが打撃を嫌がり、ダンヘンをテイクダウンし寝技へ。かつてカーウソンが養子にしたいとまで惚れ込んだビクトーの寝技テクニックも久々にみたいところだけど、最後はパンチでダンヘンを追い込み、ビクトーのTKO勝ちを予想!どっちも光る闘いを希望します。


第2試合 88kg契約
西島洋介(日本)
フィル・バローニ(アメリカ)


 3連敗中の洋介山は、後がないだけに落とせない一戦。階級をさらに落とす予定もあるのかな?今回は88kgで、ウェルター級のバローニ相手に、ボクシングで鍛えた打撃がMMAでも通用するかどうか。筋肉3兄弟そろい踏みの今大会の口火を切るバローニは、アメリカファンのハートをくすぐる打撃で勝負に挑むでしょう。とすると洋介山にも勝機はあるかな?ただ、バローニはテイクダウンもうまいだけに、最初のチャンスでのKOが必須か。
 んー、洋介山好きなんだけど、どうもテイクダウンを警戒しすぎて先に手が出ない傾向があるんで、そこが心配・・・。ハント戦のように安心して打撃で打ち合えれば、バローニをぐらつかせられるパンチは持ってるんだろうけど、バローニが組み付くと厳しいだろうなぁ。でも期待を込めて、洋介山のアッパーが炸裂し、ぐらついたバローニに左右のストレートで洋介山のKO勝ちを予想!頑張れ!!



【関連ニュース】
PRIDE-32 速報
ヒョードル UFCに宣戦布告!
weigh-insギャラリー
weigh-ins映像
ヒョードル、ワークアウト映像
ヒョードル、ついに米国のリングへ出陣  
各選手のコメント
[PR]
by gr2si | 2006-10-21 11:30 | PRIDE
【222】 いろいろ
■PRIDE
五味がベルトと人生を賭けた大勝負!
菊田早苗、10カ月ぶりの復帰戦
PRIDEのDVDがついに発売決定!
DSEがサップとの接触完全否定
フジテレビが 高田延彦“解禁”
ミルコ 左かかと手術で長期離脱?
ケビン・ランデルマン「地獄からの生還」 前編 後編
ジョシュ、アメリカでも一本勝ち宣言!
ミルコ米国上陸…ヒョードルを徹底解剖
男祭りで3階級同時タイトルマッチ

■K-1
K-1、サップ訴える!法廷闘争へ
崔洪万、来年の年俸30億ウォン超
「次はKIDかマサト?どっちでもいいぜ(笑)」
秋山がライトヘビー級初代王者に
前田SVは金子に同情!?
金子賢、試合に完敗も視聴率はトップ20.6%
アーネスト・ホースト「KOで勝ち抜きたい」

■国内MMA
川尻がカルバンとの防衛戦を要求
“足関十段”今成、タイトル初防衛!

■UFC・海外
岡見がUFCで2連勝!
UFC 64 "Unstoppable" Pictures

■ボクシング
ケスラーがKOで統一王座
長谷川、世界チャンプ名城と夢のスパー!
亀田興毅、メガネベストドレッサー賞受賞で「緊張した」
元ラガーマン梅津が新王者に
前王者の川嶋が引退撤回

■プロレス
中邑スピード進化
サイモン社長「オファー出したい」
チョコボール向井が引退発表
燃える闘魂アントニオ猪木伝説
11・20六本木で“アダルト無我”
[PR]
by gr2si | 2006-10-21 00:30 | いろいろ
【221】 UFCファイトマネー
以前UFC-57~61までのファイトマネーを紹介しましたが、今回UFC-63と64のファイトマネーがMMA Weeklyで公開されていたので、一部抜粋して紹介します!


■9・23UFC-63
-Matt Hughes: $130,000 (defeated BJ Penn)
-BJ Penn: $50,000 (lost to Matt Hughes)
-Jens Pulver: $30,000 (lost to Joe Lauzon)
-Rashad Evans: $24,000 (defeated Jason Lambert)
-Mike Swick: $14,000 (defeated David Loiseau)
-Tyson Griffin: $14,000 (defeated David Lee)


■10・14UFC-64
-Anderson Silva: $50,000 (defeated Rich Franklin)
-Sean Sherk: $22,000 (defeated Kenny Florian)
-Rich Franklin: $21,000 (lost to Anderson Silva)
-Kenny Florian: $8,000 (lost to Sean Sherk)
-Cheick Kongo: $20,000 (lost to Carmelo Marrero)
-Jon Fitch: $20,000 (defeated Kuniyoshi Hironaka)
-Kuniyoshi Hironaka: $6,000 (lost to Jon Fitch)
-Yushin Okami: $12,000 (defeated Kalib Starnes)
-Kalib Starnes: $5,000 (lost to Yushin Okami)


相変わらず、格差が激しいですなぁ。。岡見が1万2千ドル、弘中が6千ドル。2人とも勝利するとオプションが付く契約だったのかな。意外にも、元王者フランクリンの低さが目立ちます。王者なんだから、負けても5万ドルは保障してあげてもいいような・・・。同じく敗戦したパルバーが、3万ドルもらってるのと比較しても、少ない気がするなぁ。

PRIDEのファイトマネーも見てみたいところです!ネバダ州アスレチックコミッションの力が強いだけに、無理やり公開される可能性もありそう。
[PR]
by gr2si | 2006-10-19 22:21 | UFC



しんたです。MMAとボクシングを中心に、日本・海外の最新情報をお届けします。試合予想、レポートもやります。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
-INFORMATION-
CALENDAR
-BOX - JUNE&JULY 2011
-MMA - MAY 2011





更新情報
goodgirl~しんたの部屋~
goodgirl's Diary






BOX’07展望
-BOX:ヘビー級
-BOX:S・ミドル級
-BOX:ウェルター級
-BOX:S・フェザー級
-BOX:フライ級



好きな選手
MMAビクトー・ベウフォートBOXミッケル・ケスラーが断トツに好き♪

他には、MMAだとジョシュ、フランク・ミア、LYOTO、リー・マーレイ、マイク・スウィック、三島☆ド根性ノ助。BOXだとエドウィン・バレロ、チャド・ドーソン、ホアン・グスマン、ビック・ダルチニャン、クリスチャン・ミハレス。

最も注目してるのは、MMA:ソクジュ、ジョン・フィッチ、BOX:アレクサンドル・ポベトキンあたり。





MMAコネクション
MMA The Orange
24時間格闘技三昧
mints life
Tonicのガチンコ放談
シンデモヤマトダマシイ
ヴィンセント
格闘技好きのブログ!
GRAPPLERS HIGH
ハリビーの暴風日記
ヒロシです(涙)。
徒然なる駄日記
見えない道場本舗
くまページBlog
正のロッテとかMMAとか
はなの格闘技ブログ


BOXコネクション
さうぽんの拳闘見物日記




以前の記事
カテゴリ
検索
最新のトラックバック
小堀佑介
from Anything Story
カート・アングルに勝つ?
from Anything Story
【PRIDE】ハイアン死亡!
from MMA The Orange
【PRIDE】MMA大連..
from MMA The Orange
青木vsカルバン決定!や..
from シンデモヤマトダマシイblog
HERO'S ミドル級ト..
from mints life
HERO'S9.17 地..
from 格闘技好きのブログ!
ボクシングの話題。デラホ..
from 格闘技好きのブログ!
[格闘技][K-1][ブ..
from 見えない道場本舗
【Bodog】ヒョードル..
from MMA The Orange
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧